退職のタグを付けられた記事一覧

風俗営業の従業者名簿

今年7月に、外国人の住民票などに関する仕組みが改正されました。

これまで、外国人登録証だったものが、在留カードや(外国人)住民票等に変わりました。
近い将来、住基カードも発行できるようになるそうです。

それに伴い、風俗業者さんの義務である、従業者名簿に添付しておく身元確認資料が変更になりましたのでご注意ください。



うちの事務所で許可や届出をして頂いた風俗業者さんには、必ず従業者名簿を付けてもらうようにお願いしています。
これは、接待飲食店などの許可業者でも、無店舗型などの届出業者でも同様に作成しておかなければなりません。


警察が調査に来た場合、不備を指摘されやすいのが、この従業者名簿です。

もし風俗業者さんで付けていない、又は不備があるなどの方は、必ず作成して、身分証明書のコピーと一緒に保存しておいてくださいね。

また、従業員が辞めてしまった後も、退職してから3年間の保存義務がありますので、その点もご注意ください。


タグ

暑中見舞いを書いてみました

今日、ちょっと、郵便局に用事があったので、ついでに暑中見舞いを買ってみました。

ちょっと驚いたのが、印刷してある暑中見舞いのハガキが2種類しかなかったこと。
もう売り切れたのかな?
それとも、今は自分で印刷する時代だから?

今回は、ほとんど手書きで文章を書きたかったので、少しだけ柄の入ったハガキを10枚セットで買ってきました。

出すのは、以前いた会社の方々。
忙しい時期に辞めたので、ほとんどの人に、まともに挨拶もせずに退職しちゃったっていうのもあるし、暑中見舞いとかでなければ、出す機会もないかなと思ったので、思い切って手紙を書いてみたのです。
実は、暑中見舞いを送るなんて、生まれて初めてなんですけどね(笑)

全員に出すわけにもいかないので、特にお世話になった数人に出しておきました。
会社にいるときは、特に仲が良かった訳でもない人もいるから、ちょっと驚かれるかも。

まぁ、自分の気持ちを伝えたかっただけなんですけどね。

タグ

任意継続の手続き

以前、健康保険の任意継続の手続きをしてたんですが、会社が手続きをしてなかったために、
保険証が送られてきてなかったんですが、やっとこの前届きました。
どうせなので、任意継続をしたときの手続きのレポでも。


面倒かなあと思ってたんですけど、実際にやってみるとすごく簡単でした。
まず、社会保険事務所の窓口に行って、任意継続をした場合の保険料を教えてもらいました。
これは、給料明細を持っていったのですぐに教えてくれました。

基本的に、給料明細から毎月引かれている保険料を2倍にした金額が、任意継続した場合の毎月の保険料になります。ただし、これには上限金額が決められており、現時点では、22,960円が上限との事です。
つまり、会社員時代の毎月の保険料を倍にして、22,960円を超えない人はその金額、22,960円を超える人は22,960円となります。
ただし、介護保険料がかかる年齢の人は別途必要です。


その後、区役所に国民健康保険の金額を聞きに行ったのですが、
こちらはちょっと金額の計算が複雑なようで、住民税から計算するって事でした。
また、保険料は各自治体によって違うらしいので、各自問い合わせることが必要です。
ちなみに、僕の場合は、任意継続が上限金額だったんですが、
それでも国保よりも年間5万円くらい安かったので任意継続にしました。


任意継続をすると決めたので、後は手続きなんですが、
まず、社会保険事務所の窓口に任意継続をすると言うと、書類をくれて、必要事項を記入してくれと言われます。
そして僕の場合は、ここでちょっと他に必要な書類が。

妻の所得証明書を出せと言われました

なので、区役所の税務課に行って、所得証明を出してくれと頼むと、

「申告がされてないから、所得証明が出せません、なので、今、奥さんの代理で申告をしてください。」

との事で、妻の代理で去年分の申告を行ったうえで、所得証明書を発行してもらいました。
申告っていうから大変かなって思ったんですけど、本当に形式的なものだけで、ものの10分程度で終わりました。


後は、その所得証明書と先ほど社会保険事務所の窓口でもらった書類に必要事項を記入して提出するだけ。

「会社がまだ手続きをしてないようなので、それが済んでから保険証を送りますね」って事でした。

思ってたよりもすごく簡単。
会社からまだ何も書類をもらっていなかったので少し不安でしたが、無くても平気でした。


注意点としては、会社に保険証を返す前にコピーを取っておくこと。
僕は知らずに返してしまったんですが、保険証の番号を覚えていたので助かりました。
番号が解らなくてもなんとかなると思うんですが、やっぱり解ってた方がスムーズだと思うので。


それと、任意継続ができるのは、退職後20日以内です。
その期間を過ぎると、任意継続ができなくなるので注意が必要です。

タグ