お客さんにお酒を提供するお店で、深夜0時を超えても 営業する場合は、「深夜酒類提供飲食店届出」が必要になります。 ただし、お酒を提供する全ての店舗に必要な訳ではなく、 主食を提供するお店(牛丼屋・ラーメン店・うどん店など)は、 届出は必要ありません。 なお、「風俗営業」と混同されがちですが、 接客行為を提供する店舗(風俗営業店)は、 深夜0時以降の営業はできませんので、 「深夜酒類提供飲食店」と「風俗営業店」の兼業はできません。 ※上記の業種以外でも、届出が必要な場合もありますし、上記の業種でも不要な場合があります。 一度お問い合わせください。

当事務所でも、深夜酒類提供飲食店の届出を代行しております。

深夜酒類提供飲食店届出代行  105,000円~