将来、痴呆や精神障害、寝たきりなどの状態になってしまったときのために、あらかじめ 誰を後見人にするか、そのための条件は、というものを決めておくための、 「任意後見契約書」というものがあります。 この、任意後見契約書を作っておくことで、安心して生活をすることができます。 任意後見契約書を作成しておかなければ後見人を付けれないということではないのですが、 自分の意識がはっきりしているときに作成することによって、頼みたいことや自分の意思を しっかりと盛り込んだものを作ることができます。 例えば、後見人といっても、誰に頼みたいか、いくら自分が痴呆になったとしても、 これは他人には任せられない、というようなことを決めておくのです。 最近では、遺言書の作成と共に任意後見契約書を作成する方が増えてきました。 任意後見契約書にご興味のある方は、是非無料相談にてお問い合せください。