業種を追加したい

現在、建設業許可をお持ちで、許可の業種を追加したいというお客様。


問題になりやすいのは専任技術者

業種追加をする場合に、問題になりやすいのは、専任技術者の資格です。

国家資格などで追加できない場合は、実務経験などで追加するのが一般的なのですが、
工事経歴やその人の経歴によっては、不可能な場合もあり得ます。


期間の調整

業種追加をする場合、現在持っている許可と日にちを合わせることができる場合があります。
これは、現在の許可の更新日などによって考慮するべきことなのですが、次回から更新を
一度にできる、更新時の印紙代が安く済む場合がある、というメリットがあります。


般・特新規という申請方法

「般特新規」と呼ばれる申請方法があります。
これは、特定許可を持っていて、さらに一般許可を追加するときなどに利用する申請方法です。
ニュアンス的には業種追加ですので、それほどの違いはありません。
印紙代が少し高くなる程度です。

ただし、「特定」と「一般」はあくまでも条件が違いますので、どちらの許可が必要なのかは、
あらかじめご確認ください。


お気軽にお問い合せください。

建設業許可の業種追加につきましては、追加できないと思っていても、詳しくお話をお聞きして
建設課と打ち合わせをするうちに、追加できる糸口が見つかる場合もあります。

ですから、簡単に諦めずに、専門家に一度ご確認されることをお勧め致します。


無料相談
サブコンテンツ

このページの先頭へ