財産的基礎または金銭的信用を有していること

建設業許可を取得するために、
「請負契約を履行するに足る財産的基礎または金銭的信用を有していること」
という要件も必要になってきます。

この要件は、一般許可の場合と、特定許可の場合で違いますので注意してください。


一般許可の場合
一般許可の場合は、次の①~②のいずれかに該当しなければなりません。

① 純資産の額が500万円以上あること
② 500万円以上の資金調達能力がある事



決算書の純資産の部が、500万円以上で計上されていたら、決算書の原本を持参して証明します。

上記以外の場合は、銀行の500万円以上の残高証明書又は融資証明書を持参します。



特定の場合
特定の場合は、次の①~④のすべてに該当しなくてはなりません

① 欠損の額が資本金の額の20%を超えていないこと
② 流動比率が75%以上あること
③ 資本金が2,000万円以上あること
④ 純資産の額が4,000万円以上あること


特定の条件は、一般と比べてかなり難易度が高くなっています。

無料相談
サブコンテンツ

このページの先頭へ