自筆証書遺言について

自筆証書遺言について

自筆証書遺言の法的要件

自筆証書遺言とは、自筆で書くことによって作成する方式の遺言です。
自分だけで作ることも可能ですので、誰にも内容を知られずに作成する事も可能です。
ただし、遺言書としての要件を備えてない場合は、無効になってしまう事がありますので注意が必要です。

せっかく書いた遺言が無効にならない為にも、専門家のチェックを受けることをお勧めします。

自筆証書遺言の法的要件は以下の通りです。

  • 全文を自書する
  • 日付を自書する
  • 氏名を自書する
  • 押印をする

全文と日付と氏名を自書すること
自分の手で、全文と日付と氏名を書かなければなりません。全て自書であることが必要です。ワープロやパソコン等や、点字機で作成されたものなどは無効となります。
音声が録音された録音テープや音声データ、ビデオテープなどは、遺言としての効力を持ちません。

日付は、「○年○月○日」が理想ですが、「満○才の誕生日」など、日付が特定できる場合は有効とされます。
年は、西暦でも元号でもかまいません。
「2009年7月」のように、日の記載が無い場合や、「平成21年4月吉日」のように、「吉日」と書いた場合も無効です。日付が特定できない場合は無効になってしまうのです。

氏名は、本名に限らず、通称やペンネームや芸名でも構いません。

法的な書類を作成するというと、実印をおさなければならないような気がする方もいるとは思いますが、遺言書に押す印鑑は、実印でなくても、認印でも良いとされています。
ですが、認印を使った遺言書について、「重要な文書なのに認め印が使われるなど極めて不自然」として、偽造として扱った判例もありますので、できれば実印を使った方が良いでしょう。
さらに、拇印でも良いとされていますが、後の争いを避けるためには、通常通りに印鑑を押しておいた方が良いでしょう。

加除訂正をする場合

遺言書の加除修正は民法に定められた方式によってしなければなりません。

詳しくは、加除修正のページをご覧ください。

遺言書を封筒に入れる場合

遺言書は封筒に入れても入れなくてもどちらでも良いです。
ただし、封筒に入れた場合は、外からはっきりと遺言書だと解るような事を書いておいた方が良いでしょう。せっかく作った遺言書が発見されない危険性を防ぐためです。
遺言書があることを家族に伝えてない場合などは、不要な封筒と間違えて、遺言書が発見されないことも考えられますので、遺言書はあまり隠しすぎず、発見された時は人目で解るようにしておくのが理想的といえます。

また、封筒に入れて封をした自筆証書遺言は、家庭裁判所で相続人またはその代理人の立会いの元で開封しなければいけません。相続人は、遺言書を発見したとしてもすぐには開封できないことになっているのです。

ですが、遺言書と書いた封筒を発見すれば、知らずに開封してしまうのが普通ではないでしょうか。このような事故がないようにする為にも、自筆証書遺言を入れた封筒に封をする場合は、「開封せずに家庭裁判所に持って行くように」等と、封筒の外側に書いておくことが必要といえます。

遺言書を書く用紙と書くもの

遺言書を書くための用紙はどんな紙でも構いません。
一般的には、市販の便箋などで十分だと思います。

最近では、コピー防止機能付きの用紙なども売っていますので、そういった用紙を使ってみるのも良いかもしれません。

書くものも何でも良いです。
ボールペンや万年筆を始め、マジックペンや鉛筆、シャープペンなど、本当に何でも良いのですが、改ざんや争いの元になる可能性がありますので、鉛筆のように消せるもので書くのは避けた方が良いです。

一般的には、ボールペンや万年筆、極細のペンなどが使われています。毛筆で書ける人は毛筆で書くのも素晴らしいと思います。

読める字で書く

これは非常に大切なことなのですが、読める字で書くことが必要です。
達筆すぎると、残された人間には読めない場合があります。

すると、どうなるかというと、相続争いの元になったり、家庭裁判所のお世話になったりする可能性が出てくる訳です。

遺族のためにせっかく書いた遺言も、書いてある内容が不明になってしまうのは是非とも避けたいところです。

ですから、遺言書を書くときは、読みやすい字で、はっきりと書くことがとても大切です。
また、字が小さすぎるのも読み辛い場合があるので、避けたいところです。

| カテゴリ: 遺言の基礎知識 |


無料相談