遺言の取り消し

遺言の取り消し

遺言の撤回及び取り消し

遺言書というものは、被相続人の最終的な意思を実現させる為にある制度ですので、遺言書を作成した後であっても、何度でも、納得が行くまで、書き直したり取り消したりといった事ができます。

また、作成した遺言書と違う形式の遺言書によって取り消すことも可能です。
例えば、公正証書遺言に書いたことの中の一部を、自筆証書遺言によって取り消すことだった可能な訳です。

ですから、親に無理矢理、自分達に有利な遺言書を書かせて満足されている方がいたとします。ですが、そんなものは、被相続人が心変わりして、新しい遺言書を作成してしまえば、ただの紙切れになってしまうのです。

取り消しの方法

遺言書の取り消しの方法は、いくつかあります。
自筆証書遺言の場合は、単純に、破り捨てたり燃やしたりして破棄しても、取り消した事になります。ただし公正証書遺言の場合には、原本が公証人役場に保管されていますので、手元の正本や謄本を破棄しても、遺言を撤回したことにはなりませんので注意してください。

また、「○年○月○日に作成した公正証書遺言の全てを取り消す」のように、新しい遺言によって取り消すこともできます。

さらには、新しい遺言書と古い遺言書で抵触する部分については、古い遺言が取り消されたものとみなされます。
これは例えば、古い遺言書では、「A土地は、長男に相続させる」と書いているが、新しい遺言書では、「A土地は、妻に相続させる」と書いた場合などです。
このような場合は、新しい遺言書が優先となり、古い遺言の「A土地は、長男に相続させる」という部分は取り消されたことになり、結果的に、妻がA土地を相続することになります。

| カテゴリ: 遺言の基礎知識 |


無料相談