遺言の検認と開封

遺言の検認と開封

検認

自筆証書遺言と秘密証書遺言は、家庭裁判所で検認という手続きを受けなければなりません。
検認というのは、遺言書の形式その他の状態を確認し、他日における遺言書の偽造、変造を防ぐための保存手続です。
家庭裁判所において行う行為なのですが、ただの保全手続ですので、遺言内容などについては検認を受けたからといって正確だと言えるわけではありません。

法定要件をそなえていない遺言などは、たとえ検認を受けたとしても、法的効力を持たない事になってしまいます。

また、検認と遺言の開封を混同するされる方が多いので注意してください。
封印されていない遺言書であっても、公正証書遺言以外の形式の遺言であれば検認が必要です。家庭裁判所で開封をしなければいけないのとはまた別の問題であるので注意してください。

遺言書の開封

遺言書が封筒などに入れて封印してある場合は、家庭裁判所において、相続人またはその代理人の立会いのうえで開封しなければなりません。
ですから、遺言書を発見したときでも、封印してある場合は、ご自分では開封しないように注意してください。
速やかに専門家か家庭裁判所に相談することをお勧めします。

誤って開封してしまった場合も、封筒を捨てたりせずに、その状態を維持したまま、専門家か家庭裁判所に相談してください。

また、封印がされていなかった遺言書であっても、公正証書遺言でない場合は、家庭裁判所での検認の手続が必要になりますので注意してください。

| カテゴリ: 遺言の基礎知識 |


無料相談