遺言の執行

遺言の執行

遺言の執行とは

遺言の執行とは、遺言に書かれている内容を実現するために必要な一切の事務を行うことです。
遺言の執行は、相続人か遺言執行者が行います。

遺言は執行されなければ意味がありません。せっかく書いた遺言も執行されなければ無意味なものとなってしまうのです。
遺言の中には、相続分の指定や遺産分割の禁止などのように、執行を必要としないものもありますが、多くの場 合は執行を要します。

遺言執行者

遺言執行者とは、遺言の執行に必要な行為を行う者のことをいいます。
遺言で指定されている場合は、その者が遺言執行者になります。
遺言執行者の指定がされていないが、遺言によって、指定を委任された者がいる場合は、その者の指定によってきまります。さらに、そのどちらもいない場合は、家庭裁判所に申し立てて選任してもらいます。

また、遺言執行者に指定されていた場合でも、遺言執行者にならなくてはならない訳ではありませんので、。本人の意思や事情により、就職を辞退することができます。

遺言執行者は相続人の全員の代理人となり、遺言を執行します。これは、例えば相続人全員の印鑑が必要な書類などでも、遺言執行者がいる場合は、遺言執行者の印鑑だけで手続を終了できる場合などが挙げられます。

相続人であっても、遺言執行者になる事ができますが、未成年者や破産者は遺言執行者となることができません。

複数の遺言執行者を指定することもできる

遺言執行者は、1人だけしか就職できないわけではありませんので、複数の者を遺言執行者として指名することも可能です。
遺言執行者に指定していた人が、その時になって、何らかの事情によって、辞任する事もあるかもしれませんし、また、遺言者よりも先に遺言執行者が死亡している場合なども考えられます。
このような事を考えると、複数の遺言執行者を指定しておくことも、良いかもしれません。

また、行政書士+税理士、弁護士+司法書士のように、分野の違う専門家をそれぞれ指定しておく事もできます。

遺言執行者の職務とは

財産目録の作成
遺言執行者は、財産目録を作成して、これを相続人に交付しなければなりません。
相続人の請求があるときは、その立会いのもとに相続財産の目録を作成し、又は公証人に作成させなければなりません。

相続財産の管理、執行に必要な一切の行為
遺言執行者は、遺言の執行に必要な一切の行為をする権利義務を持ちます。
この権限がある事によって、スムーズに相続手続を遂行することができるのです。

委任契約の受任者と同一の責任と義務

  • 善良な管理者としての注意義務
  • 報告義務
  • 受取物等の引渡義務
  • 補償義務
  • 費用償還請求権

遺言執行の費用

遺言の執行に関する費用は、相続財産の負担とします。 一般的には、財産目録を作成して相続財産の確定をした後に、その中から遺言執行者の費用を差し引いた後に、遺産分割に従って、相続人に分配します。
ただし、遺言執行者の費用によって、遺留分を減らす事はできないとされています。

| カテゴリ: 遺言の基礎知識 |


無料相談