遺言書の保管方法

遺言書の保管方法

遺言書を作成したのは良いが・・・

遺言書というものは、作成したものの、その保管の方法に困るという相談を多くお受けします。
遺言書という性質上、誰にでも分るような場所に置いておく訳にもいきませんし、相続人のうちの誰かに渡すのも心配。公正証書遺言でなければ、遺言書の内容が書き換えられる恐れもありますし、場合によっては、遺言書自体を捨てられてしまう危険性だって、無いとは言い切れないのです。また、秘密保持を言う点から見ると、人に解るところに置いておくと言うのは非常に危険ですよね。

逆に、絶対に見つからないような場所に隠してしまうのも問題がありますよね。
せっかく書いた遺言も、見つけてもらわない事には意味がありません。
遺産分割が終了した後になって遺言書が見つかってしまった場合などは、ものすごく面倒な事になってしまう事もあります。
また、遺品の整理中に、相続人の中の誰かが遺言書を発見したとして、発見者によって不都合な遺言内容であったっ場合は、そのまま握りつぶされてしまう可能性だって、ないとは言い切れません。

では、どのような保管方法が良いのか

私の目から見まして、保管の方法として一番良いなと思うのは、公正証書遺言を作成して、複数の相続人や家族にその事を伝えておくという方法です。

各相続人には、
「もし自分に何かあったら、公正証書遺言が作ってあるからな。」
という事を告げておくのです。

また、遺言の作成を専門家に依頼した場合は、その専門家の連絡先なども教えておくと、後の手続がスムーズに行えるでしょう。

保管の面でも、公正証書遺言は優れています

遺言書の保管という面で考えても、公正証書遺言は優れていると言えます。

公正証書遺言であれば、専門家や信託銀行に預けなくても、公証役場に行けば、謄本がもらえますから、各相続人には、
「○○市の公証役場に遺言を残してある。」
と伝えておけば、内容に疑問を持った相続人がいれば、公証役場に行って謄本を取る事ができます。

また、公正証書遺言には、「遺言検索システム」というものがあり、遺言者の死後、相続人や受遺者などの利害関係人が公証役場で問い合わせれば、公正証書遺言があるか、どこの役場で作成したかを検索できるという便利なシステムです。
このようなシステムがあることも、公正証書遺言の大きなメリットのひとつと言えます。

公正証書遺言を作成した時に正本か謄本が交付されますが、これは本人が大切に保管しておくか、信頼できる家族や知人、または専門家に預けておくのが良いでしょう。ただし、先に書いたように、他の相続人に対しても、公証役場に原本があるという事は伝えておいたほうが良いでしょう。

| カテゴリ: 遺言の基礎知識 |


無料相談