株式の名義変更のやり方 方法

株式の名義変更のやり方 方法

相続財産の中に、株式があった場合、名義変更をしなければなりません。

株式には一般に公開されて市場で売買されているものと、非公開株、自社株などがあるのですが、ここでは、故人の証券会社の口座に株式が残されていた場合について説明します。

証券会社が管理している株式の名義変更は、相続手続きの基本を知っていればそれほど難しい手続きではありません。

具体的には、不動産や銀行預金などの相続手続きと同じで、まずは遺言があるかないかを確認します。

遺言があった場合は、遺言に従うことになるのですが、ここでは遺言書が無かった場合について解説します。

まずは、相続財産の調査をして、株式が残されていそうな証券会社に連絡を取って、残高証明を出してもらいます。
専門家に依頼しない場合は、証券会社に直接電話してみると良いでしょう。
また、その場合に、担当者の人の名前が分かれば、その人に聞いてみると話が早いです。

残高証明が出たら、他の相続手続きと同じで、相続人同士で話し合います。
ここで、誰が何をどれだけもらうかという事を話し合います。
これを遺産分割協議というのですが、遺産分割協議で話し合いがまとまらないと大変です。

それぞれの相続人が弁護士さんに依頼したり、裁判所行きになる可能性が出てきます。

遺産分割協議で話し合いがまとまったら、証券会社に連絡します
。 そうすると、どんな書類が必要なのかを教えてくれます。
証券会社からは、代表相続人を定めて、その人が新たに口座を作り、その口座に株式を移動する形にしてくれと言われることが多いでしょう。

それらの手続きに合うように、遺産分割協議書を作成します
。 遺産分割協議書は、原本を送らないといけませんが、手続き終了後に、原本は返してもらえます。
他には、相続人の印鑑証明書や戸籍謄本、身分証明書などを要求されます。

それと、株式が、一般の口座ではなく、特別口座などに入っている場合は、売買できるようにするために、もう一手間かかります。このような場合は、専門家や証券会社に相談してください。

株式の相続手続きの注意点は、遺産分割協議の前に、しっかりと残高の調査をしておくことです。
これは、他の財産にも言えることなのですが、後から財産が出てくると面倒なので、できるだけ事前に調査してください。
とは言っても、相続財産を完全に調査するという事は、非常に難しいのですが…。

| カテゴリ: 事例集 |


無料相談