養子縁組による相続対策

養子縁組による相続対策

相続対策に養子縁組の制度を利用する場合があります。

養子縁組は、養親と養子、つまり、親子の関係になるのですから、
当然ながら親子の関係になるので、お互いの合意が前提なのですが、
養子縁組をすることで簡単に解決できるという問題も少なくないのが事実です。

非常に重要な行為で、悪い言い方をすれば、「戸籍が汚れる」
という表現を使う方がいるくらいですので、養子縁組をする場合は、じっくりと
考えてから縁組届けを出すようにしてください。

「汚れる」かどうかは別として、その後離縁したとしても、養子縁組をした事実は
、 戸籍に残り続ける事になります。

縁組の方法は、それほど難しい事ではありません。
当事者双方が養子縁組届けに署名押印します。
その他に、証人2名の署名押印が必要になります。
できあがった養子縁組届けを、役所に提出すれば養子縁組をする事ができます。

また、養子縁組をするには、以下の点にも注意してください。

こうやって見ると、なんか面倒な気がするかもしれませんが、相続対策
として行われる養子縁組は、上記の要件に抵触することは少ないといえます。

| カテゴリ: 事例集 |


無料相談