た行の法律用語

た行の法律用語


代襲相続 (だいしゅうそうぞく)
代襲相続とは、相続人が、すでに死亡していたり、相続欠格や廃除によって相続権を失っている場合、相続人に代わって、その子に相続させるという制度です。


単純承認 (たんじゅんしょうにん)
被相続人の財産をプラスもマイナスも全て包括的に相続するのが単純承認です。相続開始後、3ヶ月以内に限定承認または相続放棄をしない場合は、単純承認したものとみなされます。
また、「相続人が被相続人の財産の全部または一部を処分したとき」も単純承認をしたものとみなされますので、被相続人にマイナスの財産がある場合などは注意が必要です。


直系 (ちょっけい)
直系とは、親・子・孫のように、直接、上下の繋がりをもっていることを言います。
相続では、「直系卑属」や「直系尊属」といった用語が使われます。
ちなみに、妻の親、つまり、義理の母などは傍系となります。


特別養子 (とくべつようし)
特別養子とは、実体上も戸籍上も養親の実子として取り扱う制度です。
普通養子は、養方と実方の両方の相続人になれますが、特別養子縁組がされると、養子と実方との親族関係は終了しますので、実方の相続人となることはできなくなります。


特別受益 (とくべつじゅえき)
特別受益とは、相続人が被相続人から生前に贈与を受けていたり、遺贈を受けたりした場合、相続人の公平を期すために、これらを考慮して受贈者の受けた財産を遺産に戻して、相続財産とみなすことを言います。


特別縁故者 (とくべつえんこしゃ)
相続人がいない場合に、
「被相続人と生計を同じくしていた者、被相続人の療養看護に努めた者、その他被相続人と特別の縁故があった者」
を特別縁故者として、申し立てをして認められれば、相続財産の全部または一部を受け取ることができる制度です。
具体的には、内縁の妻や事実上の養子などです。
相続人の不存在が確定してから3ヶ月以内に家庭裁判所に申し立てます。


特定遺贈 (とくていいぞう)
特定遺贈とは、「○○市○○町の土地をAに遺贈する」というように、物を具体的に指定して遺贈することをいいます。


| カテゴリ: 相続・遺言用語辞典 |


無料相談