な行の法律用語

な行の法律用語


内縁(ないえん)
内縁とは、戸籍上の婚姻関係にはないが、同棲するなど、事実上の婚姻関係にあることを言います。
内縁の夫、内縁の妻などと言います。
相続が発生した場合、内縁関係では、配偶者相続人になることはできません。


認知 (にんち)
認知とは、婚姻外の子供に対して、「自分の子だ」と認める事を言います。
認知は、生前行為でもできますし、遺言で認知することもできます。
また、子供の側から、認知の訴え(強制認知)を起こす事もできます。


| カテゴリ: 相続・遺言用語辞典 |


無料相談