ま行の法律用語

ま行の法律用語


みなし相続財産(みなしそうぞくざいさん)
みなし相続財産とは、相続財産ではないが、税務上、相続財産と見なして計算するものを言います。
具体的には、生命保険金や、死亡退職金などが、みなし相続財産とされます。


持戻し (もちもどし)
持ち戻しとは、特別受益があった場合に、一旦、相続財産に特別受益分をプラスして、相続財産を計算することを言います。
例えば、長男に1000万円の特別受益があった場合は、相続財産を計算する場合、この1000万円を相続財産の中に一旦戻したとして計算します。
また、遺言によって、持ち戻しを免除することができます。
例:「長男に事業資金として贈与した1000万円は、特別受益の持ち戻しを免除する」


| カテゴリ: 相続・遺言用語辞典 |


無料相談