相続人の不存在

相続人の不存在

相続人がいない場合はどうなる?

身寄りのない人など、相続人がいない場合は、財産は一体どうなるのでしょうか。

相続人のあることが明らかでないときや、相続人がいないことが明らかなときは、相続財産は法人となります。
その後家庭裁判所において相続財産管理人が選任公告されます。

後になって、相続人がいることが明らかになった場合には、相続財産法人は存在しなかったものとみなされ、相続財産の管理・清算は廃止されます。

相続人がいることが明らかにならなかった場合は、その後、特別縁故者への財産分与がなされ、それでもなお財産が残る場合には、相続財産は国庫に帰属することになります。

行方不明者がいる場合

では、相続人の中に、連絡の取れない人がいる場合はどうなるでしょうか。

遺産の分割は、相続人全員で行わなければならない事になっています。
しかし、相続人の中に行方不明者の人がいたら、「全員で行う」というのは無理ですよね。
ですから、そういう時は、家庭裁判所に失踪宣告をして、死亡したものとして取り扱うか、不在者財産管理人を選任してもらい、不在者財産管理人が行方不明者の代理人として遺産分割協議を行うことになります。

特別縁故者

相続人がいない場合に、「被相続人と生計を同じくしていた者、被相続人の療養看護に努めた者、その他被 相続人と特別の縁故があった者」を特別縁故者として、申し立てをして認められれば、相続財産の全部または一 部を受け取ることができる制度です。
具体的には、内縁関係や事実上の養子などです。

相続人の不存在が確定してから3ヶ月以内に家庭裁判所に申し立てます。

| カテゴリ: 相続の基礎知識 |


無料相談