借金や負債の相続

借金や負債の相続

被相続人の借金や負債はどうなるか

一般的に相続というと、プラスの財産のイメージが強いですよね。土地や現金を相続するというイメージです。
しかし、故人のプラスの財産だけ受け継いで、借金や負債は知らん顔という事はできないのです。
借金や負債のマイナスの財産も、当然に相続財産の一部とされ、相続人に受け継がれます。

相続人が相続を承認した場合は、プラスの財産と共に、マイナスの財産も相続する事になります。

借金や負債が明らかに多い場合は、相続の放棄という事が考えられます。
また、プラスの財産とマイナスの財産のどちらが多いか不明な場合は、限定承認という方法が考えられます。
限定承認をすると、プラスの財産の許す限度で、負債を負う事になります。
例を上げると、プラスの財産が1000万円、マイナスの財産が2000万円の場合、プラスの財産の分の1000万円だけについて負債を負い、残りの1000万円については負債を負わないことになります。
逆に、プラスの財産が2000万円で、マイナスの財産が1000万円であれば、残りの1000万円は手にすることができます。

放棄は各相続人が個々でする事ができますが、限定承認は、相続人が全員で行わなければなりません。相続人の中の1人でも、限定承認に反対する者がいる場合は、限定承認はできないので注意してください。

また、被相続人の借金などを、誰も相続したくない場合は、相続人になり得る全員が放棄をすることが必要になってきます。
相続の承認と放棄

相続人が複数いる場合

相続人が1人だけの場合は、プラスの財産もマイナスの財産も全てを1人で相続するのですが、相続人が複数あるときは、時に問題となる事があります。

基本的に、金銭債務などのマイナスの財産は、遺産分割の対象にならずに、各共同相続人に、相続分に応じて当然に相続されるものとされています。

これはどういう事かと言うと、被相続人の死亡と同時に相続は開始しますので、それと同時に、各相続人が法定相続分に応じて、マイナスの財産を自動的に引き継ぎます。
そして、その「負債を負う」という割合は、遺産分割協議などで相続人間で取り決めをしたとしても、債権者に対して対抗できないという事です。

事例を挙げてみると、父の残した土地を長男が相続する代わりに、残りのローンを全て長男が払うという取り決めをしたとします。
この取り決めを書面でしたことによって、他の相続人は、ローンは全て長男が払うに決まっていて、まさか自分達にローンの請求が来るとは思わない人が多いのではないでしょうか。

ところがそうはいかないのです。
債権者である銀行は、法定相続分に従って、他の相続人に対してもローンの支払いを請求することができます。
つまり、土地を相続する代わりにローンの残りを全て長男が払うという取り決めは、相続人の間で有効なだけであって、銀行からしてみれば、他の相続人にも当然に請求できることになっているのです。

こういった自体を回避するためには、債権者である銀行の承認を得る必要があります。
銀行に対して、長男が家と土地を相続するから、残りのローンは、長男だけが負うようにしてくれという訳です。この話し合いに銀行が応じた場合に、他の相続人はこのローンの支払いの義務を免れる事になります。

では、なぜこのような面倒な決まりになってるのでしょうか
それは、相続人の間の話し合いで、債務の相続を決めてしまえるようになったら、悪用される事があるからです。

例えば、プラスの財産だけを長男が全て相続し、マイナスの財産は次男が全て相続するという分割協議がされた場合、
「次男は借金の相続をしたはいいが、お金がないから払えません、ですから自己破産します。」
では、債権者はたまったものではありませんよね。

長男はしっかりと財産を相続しているのに、次男にしか請求できず、さらに次男に資力がないではお話になりません。
こういった事が起らないように、相続人間の合意だけでは、債権者に対して対抗できない事になっているのです。

団体信用生命保険

マイホーム購入などのローンの場合は、「団体信用生命保険」というものに加入しているケースが多いと思います。
この保険に加入している場合は、保険金によってローンの残額が相殺されますので、マイホームのローンについては負債を逃れることができます。

| カテゴリ: 相続の基礎知識 |


無料相談