相続人は誰?

相続人は誰?

法定相続人と指定相続人

相続人になれる人間は、民法で定められています。
民法で定められた相続人を、「法定相続人」といいます。
法定相続人には、「配偶者相続人」と「血族相続人」があります。
配偶者相続人とは、妻や夫のことです。

配偶者が生きている場合、必ず相続人になります。
配偶者とは、婚姻届を提出している、法律上の配偶者に限られますので、内縁関係や事実婚の場合は、残念ながら配偶者相続人としては認められません。
ですから、内縁関係や事実婚の相手に財産を残してあげたいと考えている方は、そのような遺言を残すのが確実だと言えます。
※内縁関係や事実婚の場合は、配偶者相続人はなれませんが、「特別縁故者への相続財産分与」という制度があります)。
但し、手続が非常に面倒な上に期間もかかり、特別縁故者と認定されない危険性などもありますので、やはり遺言を残すのが確実だと言えます。

血族相続人になれるのは、被相続人の子(孫)、直系尊属(実父や祖父)、兄弟姉妹に限定されています。
ただし、この中の全員が相続人になれる訳ではなく、相続順位が決められています。

一方、遺言によって指定された者を、「指定相続人」と呼び、こちらも遺言の内容の範囲内で相続権を持つことになります。

相続の順位

法定相続人になれる順位は、民法によって定められています。

■第一順位 被相続人の子
■第二順位 直系尊属
■第三順位 兄弟姉妹

被相続人の子(実子・養子)や代襲相続する場合の孫などがいる場合は、被相続人の子が、
被相続人の子がいない場合は、直系尊属(実父や祖父)が、
被相続人の子も直系尊属もいない場合は兄弟姉妹が相続人になります。
そして、配偶者がいる場合は、常に相続人となり、血族相続人と相続分を分け合うことになります。

つまり、子と妻がいる場合は、子と妻が相続人となります。
親と妻がいる場合は親と妻が相続人、子と親がいる場合は子のみが相続人・・・。
数え出したらきりがないですが、基本的に、配偶者は常に相続人になり、子や親や兄弟姉妹は順位によるという ことです。

※法定相続分の計算の仕方についてはこちら

代襲相続

代襲相続とは、被相続人の子がすでに死亡している場合に、その子(や孫)がいれば、死んだ子の代わりに相続分を引き継ぐという制度です。
相続欠格や廃除によって相続権を失った場合も、その相続人に子がいれば、子は、代襲相続をすることができます 。

代襲相続の順番として、まず相続人の子がいれば、子が代襲相続人になり、子も相続権を失っている場合は、さらにその子である孫が代襲相続人となります。

ただし、相続人が、兄弟姉妹である場合は、一代しか代襲相続が認められません。
つまり、兄弟姉妹の子は代襲相続できるが、兄弟姉妹の孫はできないということです。

ちなみに、相続人が相続の放棄をした場合は、初めから相続人とならなかったことになりますので、その子や孫も代襲相続はできなくなります。

| カテゴリ: 相続の基礎知識 |


無料相談