遺言書がないか探してみる

遺言書がないか探してみる

まずは、遺言書を探してみましょう

相続手続として、まず初めにやらなければならないのは、遺言書を探してみることです。遺言書があるのかないのかをはっきりさせてからでなければ、次の手続に入れません。

金庫や机の中はもちろん、遺品の中をじっくりと探してみてください。また、この時に、銀行のカードや通帳、クレジットカード他、有価証券など、財産といえるものや、ローンのカードや手紙などのマイナスの財産にかかるものも探して集めておくと、相続財産の調査の手間も省けます。

故人が、どこどこに遺言書を預けてあると言っていた場合は、そこに問い合わせてください。
また、公正証書遺言であれば、遺言者の死後、相続人や受遺者などの利害関係人が公証役場で問い合わせれば、公正証書遺言があるか、どこの役場で作成したかをコンピューターで検索してもらう事ができます。

封印がされている場合は、勝手に開封しないこと

遺言書を発見した場合でも、遺言書が封印されていたら、勝手に開封してはいけません。
封印された遺言書は、相続人または代理人の立会いの元で、家庭裁判所で開封する事になっているからです。
ですから、遺言書を発見した場合で、封印してある場合は、専門家か家庭裁判所に問い合わせてください。

公正証書遺言以外は検認が必要です

公正証書遺言以外の、自筆証書遺言や秘密証書遺言は、家庭裁判所に置いて、検認という手続を受けなければなりませんので注意してください。
検認は、遺言内容の正確さなどをチェックするものではなく、あくまでも、遺言の状態を保存する手続です。ですから、検認を受けたからといって、遺言内容が正確であるとは限りません。
しかし、後の相続手続を進めていくのに、検認を受けていないと事が進みませんので、公正証書遺言以外の形式である場合は、検認を受けることになります。

| カテゴリ: 遺産相続の手続き |


無料相談