相続人の調査

相続人の調査

誰が相続人になるか調べる

誰が故人の相続人となるのかを調査しなければなりません。
法定相続人は誰かという事を調べてみましょう。

誰が相続人になるかと言うのは、家族構成によっても変わってきますので、個々のケースによって調べてください。

相続人のページ

戸籍を収集する

被相続人の戸籍を収集します。
戸籍と言いましても、最後の住所地で取れる戸籍(除籍)謄本だけではなく、故人の出生まで遡って戸籍を収集する必要があります。

戸籍の収集方法は別のページで説明しますが、戸籍を遡っていくには、過去の本籍地の役所で発行してもらう必要がありますので、被相続人が、生まれてから最後まで同じところに本籍を置いていた場合などは比較的簡単に収集できますが、過去に遠方に本籍を置いていた事がある場合などは、郵送にて戸籍を収集して行くことが多いかと思います。

戸籍の収集方法

戸籍を収集するのには、2つの理由があります。
まず1つは、相続手続で必要になるからです。
各種名義変更の手続などでは、被相続人の出生から死亡までの戸籍(除籍)謄本の提出を求められるのです。ですから、この面から考えても、戸籍の収集はしなければなりません。

ただし、実際に名義変更が必要な遺産が複数あるような場合は、戸籍(除籍)謄本が複数必要な場合もありますので、この時点で名義変更に必要書類としての戸籍(除籍)を全て揃えるというのは難しいかもしれません。ですが、相続財産となるものがどれだけあるか把握できている場合などは、この時点で名義変更に必要な分の戸籍(除籍)をついでに取得してしまうというのも、相続手続をスムーズに進めるテクニックと言えます。

2つ目の理由としては、相続人の調査という意味です。
多くの場合は、相続人の調査などは必要がないと思われるかもしれませんが、実際に問題となるのが、故人の戸籍を遡っていたら、前妻の子など、家族が知らなかった子供がいる場合や、家族の知らないうちに養子縁組していた場合です。
前妻の子であろうと、婚姻外の子であろうと(この場合は認知が必要)、養子であろうと、相続権を持っていることに変わりなく、第一順位の相続人となります。

このように、家族が知らない相続人がいたとしても、不動産や銀行預金等の名義変更を行う場合には、戸籍が必要となってきます。名義変更には、遺言書か遺産分割協議書が必要になります。さらに、遺産分割が有効に成立するには、相続人全員が参加し、署名押印することが必要です。

ですから、いくら面識のない子が相続人になるのは許せないからと言って、無視して遺産分割をしたとしても、遺産分割協議自体が無効になってしまい、手続が進まないのです。

相続人の戸籍謄本も必要

被相続人の戸籍(除籍)が必要になってくると書きましたが、遺産の名義変更や相続放棄の手続には相続人の戸籍謄本も必要になってきます。
相続人と言っても、誰の戸籍謄本が何部必要かというのは、それぞれのケースによって違います。
名義変更後に、必要書類を返してくれる場合もあれば、返してもらえないケースもありますので、銀行や役所などに問い合わせて、誰の戸籍が何通必要かというのを一覧表にまとめておいてから取得するとスムーズと言えますが、遺言書の検認など、遺産分割よりも前に戸籍が必要になる場合もあります。

| カテゴリ: 遺産相続の手続き |


無料相談