戸籍の収集方法

戸籍の収集方法

戸籍の収集方法

相続人を確定する為にも、相続手続を進める上でも、戸籍を収集していかなければなりません。
相続人の戸籍に関しては、各相続人が本籍地で戸籍謄本を取れば良いのですが、問題は、被相続人の出生まで遡った戸籍が必要だという事です。

戸籍の方法としては、まず、故人の最後の本籍地の役所に行きます。
窓口で、「相続手続で必要なので、出生まで、遡れるだけ遡って欲しい」と言えば、その役所で取れる分の戸籍(除籍)謄本は出してくれます。役所に遠くて行けない場合は、郵送で請求します。故人が出生から死亡まで、その役所の管轄内に本籍を置いていたら、これで戸籍の収集は終了です。どうです?簡単でしょう?

ですが、そう簡単に事が運ぶケースは珍しく、ある程度までしか遡れない事が多々あります。その場合は、戸籍を辿って、次の役所に請求するのです。どこの役所に請求すれば良いのかが解らなければ、謄本を取った役所で、次はどこに行けばよいかを聞いてみてください。

後は同じ事の繰り返しです。それで、故人の出生から死亡までの戸籍(除籍)謄本が収集できたら、被相続人用の戸籍の収集は終わりです。
実際にやってみると、以外におもしろいと感じる人も多いようです。
このついでに、もっと先祖まで遡って、自分のルーツを探ってみるのも面白いかもしれませんよ。

窓口に行く人

戸籍というものは、誰が請求しても出してもらえるわけではありません。一応、無条件(委任状無し)で、戸籍(除籍)謄本を出してもらえるのは、本人・配偶者・直系の血族とされています。それ以外の人でも、ケースによっては出してもらえる場合もあるようですが、念のために委任状を用意していった方が確実でしょう。

また、本人や配偶者、直系血族であっても、窓口で本人確認書類の提示を求められます。ですから、運転免許証などの本人確認書類を忘れずに持っていくようにしてください。

郵送請求する場合

現在や過去の本籍地が遠方の場合は、郵送による請求をする必要が出てくる場合もあります。最近では、インターネットで申し込み用紙をダウンロードできたりするので、比較的簡単に請求できるといえるかもしれません。

ですが、郵送で戸籍を収集する事など、普通はほとんどない事ですので、不安がある方もいるかと思います。このような場合は、役所に電話して確認を取ってから請求するようにしましょう。
その際に、相続に必要で、出生まで遡れるだけ遡りたいと伝えるのを忘れないようにしてください。
そうすると、必要な書類などを教えてくれます。

一般的には、申し込み用紙と共に、本人確認書類の写し、返信用の封筒(切手を貼る)、定額小為替(手数料を定額小為替で支払う 戸籍謄本450円・除籍謄本750円)、委任状(必要な場合)などです。

| カテゴリ: 遺産相続の手続き |


無料相談