相続を承認するか放棄するか

相続を承認するか放棄するか

3ヶ月以内に決めなければなりません

財産目録ができあがったところで、相続を承認するか放棄するかを決めなくてはなりません。
承認をする場合は、特に何もしなくても良いのですが、相続の放棄をする場合は、相続があることを知った日から3ヶ月以内に家庭裁判所に申し出なければなりません。

この「3ヶ月」というのは、非常に短い期間であると言えます。
被相続人の死亡届や葬儀などを行いつつ、相続財産や相続人を調査した上で、必要であれば3ヶ月以内に相続放棄をしろというのです。そして、その期間内に放棄をしなければ、相続を承認したものとして扱われてしまいます。
家庭裁判所に申し出れば、この「3ヶ月」の期間をを伸ばしてもらえることもありますが、基本的には3ヶ月以内に放棄しなければならないと考えてください。

限定承認という方法も

単純承認と放棄の他に、限定承認という方法もあります。
これは、相続財産の中のプラスの財産の範囲で負債を負うという方法ですが、限定承認を行うには、相続人全員の合意が必要であり、さらに、放棄と同じように、相続開始を知ったときから3ヶ月以内にする必要があります。

限定承認をする場合は、家庭裁判所に申し立てます。

放棄の可能性がある場合は、相続財産を使ってはいけない

相続財産を使ってしまったり、名義変更をしてしまうと、相続を承認したと見なされて、放棄できなくなってしまいます。これを「法定単純承認」といいます。

目先の数万円を使ったばかりに、莫大な借金までも相続しなければならない事になってしまう可能性がありますので、相続を放棄しなければならない可能性がある場合は、くれぐれも、相続財産に手を付けないようにしてください。一見するとゴミのように思えるような動産であっても、捨てたり、自分の物にせずに、その状態を保存しておいてください。

| カテゴリ: 遺産相続の手続き |


無料相談