遺産分割協議書の作成方法

遺産分割協議書の作成方法

遺産分割協議のやり方

相続財産の名義変更などで必要になるのが、「遺産分割協議書」ですが、遺産分割協議書を作成するには、その前提として、遺産分割協議をしなくてはなりません。

遺産分割協議のやり方としては、理想としては、相続人(または代理人)全員が出席し、正当な財産目録を用意した上で話しあうという形です。

ですが、実際には、遠方に住んでいる相続人がいるなど、全員が出席という事を実現するのが難しい場合もあります。このような場合は、遺産分割協議書を持ち周りで作成しても良いという事になっています。つまり、電話や手紙などで協議をし、その上で作成した遺産分割協議書を郵送などで送り、各相続人が署名押印をするという方法です。

また、遺産分割協議には、専門家を同席させた方が良い場合もあります。
特に、相続税が絡んでくる場合などは、二次相続の計算などもありますので、税理士を同席させることで、遺産分割協議がスムーズに進行するでしょう。

親子間で利益相反になる場合や、不在者がいるような場合は、先に書いた通りです。

遺産分割の方法

遺産分割と言っても、全てが法定相続分で割り切れるようなものではありません。遺産分割で使われる分割の方法を説明します

現物分割
土地と家は妻に、銀行預金は長男に、株券は次男に・・・というように、現物を分割していく方法です。遺産分割の理想といえる形であるとも言えますが、現実的には、現物分割だけで遺産分割が成立することは難しいといえます。

代償分割
一部の相続人が相続分よりも多い遺産を取得する代わりに、取り分の少なかった相続人に対して、金銭を支払ったり、債務を負うと言う形です。
例を挙げると、相続財産が土地と家のみ(時価1500万円)で、相続人が長男・次男・三男の3人の場合に、土地を家を長男が取得する代わりに、次男と三男に対して、500万円ずつを支払うか、その時に支払えなければ、毎月○万円ずつ支払うなどの取り決めをするという事です。

換価分割
相続財産を売り払ったお金を分割すると言う方法です。
先の例で言えば、土地を家を1500万円で売却し、兄弟3人で500万円ずつ分けるという方法です。

共有にする
不動産などの相続財産を、複数の相続人の共有にするという方法です。
先の例でいうと、土地と家を、長男・次男・三男の持分を各3分の1とする共有にするという事です。

共有による方法を取ると、法定相続分の通りにすっきり分けれたりと、便利なようにも思えますが、トラブルの元ですので、共有にすることはできるだけ避けた方が良いでしょう。

遺産分割協議書を作る

遺産分割の話しがまとまりましたら、いよいよ遺産分割協議書を作成することになります。

遺産分割協議書には、「誰が、何を、どれだけ」取得するかという事を、箇条書きにして書いていき、最後に、相続人全員が署名し、実印で署名します。また、住所も忘れずに書いてください。住所は、住民登録をしている住所を書いてください。

相続財産については、具体的に、金融機関名や、登記簿に書かれている地番などを正確に記入してください。普段使われている住所と、登記簿上の地番は、違うことがありますので必ず確認してください。

後のトラブルを防ぐために、人数分の遺産分割協議書を作成し、その全てに、相続人全員が署名押印をします

もしも書き間違えてしまった場合は、訂正箇所を二本線で消した後に、正しい事項を記入し、相続人全員が、実印で訂正印を押してください。

遺産分割協議書のサンプル

遺産分割協議がまとまらない時は

遺産分割協議が相続人の間ではまとまらない場合は、遺産分割の調停または審判に委ねることになります。このような状態になってしまうと、弁護士に依頼する事も視野に入れなければなりません。
徹底的に争うつもりがある場合などは、むしろ1日でも早く、弁護士に依頼されることをお勧めします。

契印(割印)を忘れずに

遺産分割協議書が、複数枚になった場合は、契印(割印)が必要になってきます。
これが実は、非常に忘れやすいのです。

基本的には、相続人全員が実印で契印を押します。

| カテゴリ: 遺産相続の手続き |


無料相談