相続手続きをしないとどうなるか

相続手続きをしないとどうなるか

「相続手続は面倒だし、お金がかかるから、やらなくてもいいんじゃない?」なんてお客様がたまにおられます。
しかし、相続の手続きをせずに放置しておくと、非常に面倒なことになりかねません。

まず考えられるのが、後の手続きが複雑になってしまうことです。
特に、相続財産に不動産が含まれている場合などに、相続登記をせずに放置しておくと、いざ、土地の名義変更をしようと思った時に、手続きが非常に面倒になってしまう場合があります。

名義変更ができない以上、売却することも、担保に入れることも面倒な手続きをして、名義変更をしてからでないとできないことになってしまいます。

何故そんな面倒な事になるかというと、一番ありがちなのが、相続手続をしないうちに、次の相続が発生してしまった場合です。

おじいちゃんが残した土地を、面倒だからと名義変更していませんでした。
相続人は、妻であるおばあちゃんと3人の子供です。そのまま何十年も過ぎました。
今となっては、おじいちゃんの相続人であった、おばあちゃんと、子供のうち2人がなくなってしまいました。
死亡した子の1人は、2人の子を残して亡くなりましたが、1人は、配偶者も子供も無くして亡くなりましたので、兄弟姉妹が相続人になります。

このような状態になってしまうと、一体誰が相続人なのかという事を調べるだけでもすごく大変になってしまうのです。
また、このように、数次相続が発生すると、各相続人同士が、あまり面識のない場合が多く、話し合いが上手くまとまらなくなってくる傾向があります。
そうすると、また、話がまとまらないからと、放置しておいて、また新たな相続が発生して・・・となっていく訳です。

また、相続税が発生するケースでは、10ヶ月以内に申告をしないと、控除を受けれない特例などがありますので、できるだけ早く申告したいものです。

今回は、不動産を例に挙げましたが、銀行預金などでも同じ事です。手続きをせずに放置すればするほど、手続きが面倒になっていきますので、相続手続は、できるだけ早めに行うようにしてください。

| カテゴリ: 遺産相続の手続き |


無料相談