名古屋建設業許可|かなで行政書士法人

建設業許可の実績豊富です。建設業界出身の行政書士が丁寧に対応します。

「建設業許可の知識」の記事一覧

事業年度終了届を出していない場合

建設業許可を持っている業者は、毎年決算日から4ヶ月以内に、事業年度終了届けを提出 しなければなりません。 しかしたまに、許可を取ってから、事業年度終了届を一度も提出していない、というようなお客さんが お見えになります。 […]

業種の詳しい内訳

土木一式工事 橋梁工事やダム工事などを一式として請負うもの 建築一式工事 一棟の住宅建設等一式工事として請負うもの 大工工事 大工工事、型枠工事、造作工事 左官工事 左官工事、モルタル工事、モルタル防水工事、吹付け工事 […]

誠実性があること

建設業許可を取得するための要件として、「請負契約に関して誠実性があること」があります。これは、請負契約に関して、不正や不誠実な行為をする恐れがないことを言います。

経営業務の管理責任者がいること

建設業許可を取得する上で、最も難しい要件の1つに、「経営業務の管理責任者」がいるかどうかというものがあります。経営業務の管理責任者として認められるためには、以下の条件に当てはまり、かつ、それを証明するための書類を収集できる必要があります。