名古屋建設業許可|かなで行政書士法人

建設業許可の実績豊富です。建設業界出身の行政書士が丁寧に対応します。

「建設業許可コラム」の記事一覧

健康保険(社会保険)や労災・雇用保険に加入していないと許可が取れないか。

平成24年11月より、建設業許可申請の必要書類の中に、健康保険・厚生年金・労働保険(労災・雇用)についての加入状況を報告する書式が追加されました。 この改正に伴い、愛知県では、申請時に加入状況を証明する書類を持参しなけれ […]

公共工事を受注したい。

国や市町村などが発注する。公共工事を受注したい場合、下記の手順で行わなければなりません。 1.建設業許可を取得する。 まずは、建設業許可を取得しなければなりません。 すでに許可業者の場合は、問題ありません。 ただし、受注 […]

業種追加 実務経験編

建設業許可を取得している会社で、他の業種を追加するという事があると思います。 例えば、とび土工で許可を取っているが、鉄筋も追加したい、という場合や、 建築一式で取っているが、内装仕上げも取りたい、というような場合です。 […]

県外(遠方)の人の常勤性

「経営業務の管理責任者」と専任技術者は、常勤である必要があります。 普段、この常勤性は、健康保険証(いわゆる社会保険)だとか、国保の場合は、 国保+他の証明資料(いろいろなパターンが有り)という方法で証明するのですが、 […]

「一式工事」は難しい?

新規で許可を取られる方の中で、これらの「一式工事」で取得したい、と言われるお客様がおられます。特に、リフォームの業者さんが、新築一戸建てを受注できるようにするために、どうしても一式工事で取りたいと言われるようなケースです。

更新するのを忘れてしまった場合

たまにこのようなご相談を頂きます。 「建設業許可を更新するのを忘れてて、○年前に期限が切れてるみたいです。」 建設業許可は、更新するのを忘れていて、一旦期限が切れてしまうと、 また新規で取りなおさなければなりません。 「 […]

建設業許可の更新

建設業許可は、5年ごとに更新をしなければなりません。 更新手続きは、許可の期限が切れる30日前までにしなければなりません。 その時に注意しなければならないのが、「事業年度終了届」がちゃんと出ているかどうかです。 専門家に […]