建設キャリアアップシステム

建設キャリアアップシステムの登録代行を致します。
本システムは、建設業許可申請と密接に対応しているのもですが、弊社は建設業許可申請で多数の実績がございますので、お気軽にご相談ください。

建設キャリアアップシステム(CCUS)とは

建設業に従事する人のキャリアアップを目的として、平成31年4月より運用が開始された制度です。
国交省の発表によりますと、今後、段階を踏んで加入率を増やしていく方針とのことです。

官民一体で取り組んでいき、工事現場にキャリアアップシステムのカード対応のカードリーダー設置していき、将来的に加入率を大幅に増やして行く予定とのことです。

実務実習生の登録義務化

令和2年1月1日より実務実習生のキャリアアップシステムへの登録が必要となります。

外国人技能実習生を受け入れている企業は、今後、キャリアアップシステムへの登録を進めていく必要があります。
ただし、令和元年12月31日まで、すでに受け入れている実習生に関しては、経過措置として登録の必要は無いそうです。

建設分野の技能実習計画の認定に当たり、以下の基準を追加し、外国人技能実習機構において審査することとする。なお、施行日以降新規に受け入れる外国人技能実習生に対して適用され、既に受け入れている実習生は、経過措置により本基準の適用外となる。

(1)技能実習を行わせる体制の基準(令和2年1月1日施行)
・ 申請者が建設業法第3条の許可を受けていること
・ 申請者が建設キャリアアップシステムに登録していること
・ 技能実習生を建設キャリアアップシステムに登録すること

(2)技能実習生の待遇の基準(令和2年1月1日施行)
・ 技能実習生に対し、報酬を安定的に支払うこと

(3)技能実習生の数(令和4年4月1日施行)
・ 技能実習生の数が常勤職員の総数を超えないこと(優良な実習実施者・監理団体は免除)
※優良な実習実施者以外の団体監理型技能実習で常勤職員数が9人未満(1~8人)の場合、現行は最大9名の技能実習者を受け入れることが可能ですが、告示施行後は、常勤職員数までしか受け入れられないこととなります。

引用:国土交通省HPより

ご依頼の流れ

まずはお電話又はメールにてご相談ください。

代行金額は企業規模や状況をお聞きした上でお見積りさせて頂きます。