【新型コロナウィルス】建設業許可の審査状況について

建設業許可申請に関しまして、新型コロナウィルスの影響で書類審査や許可がおりるまでに時間がかかる傾向がでてきています。

愛知県内の建設事務所におきまして、感染防止対策のために、従来は窓口での審査だったものが、現在は郵送での書類審査が主になっています。
窓口審査を行っていた頃と比べて、事前相談や書類の補正のやり取りに時間がかかります。

建設業許可申請の中でも、新規申請や業種追加等に時間がかかる傾向が強いように感じます。

業種追加等が必要な場合は、できるだけお早めにご連絡いただけますようにお願い致します。

一方、経営事項審査につきましては、郵送申請が中心ではあるものの、予定通りすすんでいる気がします。こちらは、元々期日が決められている理由だと思います。

愛知県の建設業許可関係の役所の方々も、従来はその場で確認してその場で訂正して終わっていたものが、郵送で山積みになり、電話やFAXで対応してくれています。
当社としましても、このような状況でも、できるだけスムーズに許認可業務を行い、感染症対策にも協力できるように、早めに建設業許可申請書や事業年度終了届を預けることができるように努力して参ります。

そのため、建設業許可の更新申請や事業年度終了届のお知らせを、従来よりも早めにお送りできるように心がけております。

皆様におきましても新型コロナウィルスの影響が出ているところかと思いますが、どうかご協力のほどよろしくお願い致します。

また、許可申請書に押印をいただくときは、行政書士が訪問して押印をいただくことが多いのですが、感染防止対策のために郵送やオンライン処理をご希望のお客様は、どうぞご遠慮無くお申し付けください。

今後とも、かなで行政書士法人をどうぞよろしくお願い致します。