建設業許可の更新

建設業許可は、5年ごとに更新をしなければなりません。

更新手続きは、許可の期限が切れる30日前までにしなければなりません。

その時に注意しなければならないのが、「事業年度終了届」がちゃんと出ているかどうかです。

専門家に依頼して許可を取った業者さんは、ちゃんとやられている方が多いのですが、自社で許可を取った方などは、毎年の事業年度終了届を忘れがちです。

それが未提出の場合は、提出していない分の事業年度終了届をまとめて提出しなければなりません。
当然、その分日数もかかりますから、注意が必要です。

期限内に許可の更新を申請しないといけませんので、更新がせまっている業者さんは、事業年度終了届をちゃんと提出しているかどうかを確認してください。

途中まで専門家に依頼していて、提出しているかどうか不明な場合は、業務を依頼していた専門家に問い合せるか、管轄の建設課にいって確認する必要があります。

更新手続き自体は、新規と比べると難易度は低いです。
期限が切れてしまう前に、できるだけ早めに動くことをおすすめします。