「建設キャリアアップシステム等普及促進コース」の登録手続支援業務をお手伝い致します。

厚生労働省より、建設キャリアアップシステム等普及促進コース(人材確保等支援助成金)が新設されました。

この助成金では、CCUS(建設キャリアアップシステム)への登録推進事業や登録支援事業を行った建設事業者団体に向けて助成金が支払われます。

建設キャリアアップシステム等普及促進コースについて

今回新設されたコースでは、大きく分けて、下記の3つの分類があります。

  1. CCUS(建設キャリアップシステム)への登録を推進する事業
  2. CCUS(建設キャリアアップシステム)への登録手続きを支援する事業
  3. 就業履歴を蓄積するためのカードリーダーやアプリ等の設置に対して補助する事業

CCUS登録手数料(事業者登録・技能者登録)が補助される

CCUS(建設キャリアアップシステム)に登録する際の登録費用が補助されます。
本来、技能者1人あたり4900円、事業者登録では、6000円~12万円(資本金3億円以下)がかかりますので、大きい金額になります。

CCUS登録についての行政書士等への外注費が補助される

行政書士等にCCUS登録の代行を依頼した場合の外注費についても補助されます。
尚、登録支援業務については1年間との期限が定められていますので、登録支援業務を行う場合は、まとめて処理できるような計画が必要です。

カードリーダー等の購入費用が補助される

建設キャリアアップシステムの大きな目的のひとつである、就業履歴を蓄積するためのカードリーダーやアプリ等を導入した場合、その費用の一部が補助されます。

「CCUS登録手続き支援事業」おまかせください。

本助成金の中心となります、CCUS登録手続支援事業があります。
これは、団体のメンバーについてのCCUS登録手続きを行政書士等に外注した場合、その外注費が補助されるというものです。

今回の補助金では、計画期間内にCCUS登録申請をすることが必要とされています。
また、計画期間は1年間に限るとされていますので、CCUS認定アドバイザーであり、実績豊富な、かなで行政書士法人におまかせください。

大口登録にも対応致します。

事業者登録、技能者登録共に、大口でのご依頼に対応することが可能です。
構成員が複数の事業者に及ぶ場合等、ぜひご相談ください。

助成金の申請は社会保険労務士に

尚、当社は行政書士法人であるため、助成金そのものの申請等のお手伝いをすることはできません。
助成金の申請については、顧問社労士さん等にご相談ください。尚、弊社の提携社労士をご紹介することも可能です。

まずはご相談ください。

お見積り、お問い合わせなど、お気軽にお問い合わせください。

建設キャリアアップシステム等普及促進コース

CCUS等登録促進事業建設事業主団体が、中小構成員等(注1)に対し、事業者登録料、技能者登録料、レベル判定手数料、見える化評価手数料の全部又は一部を補助する事業

※ 事業者登録料は、1人以上の技能者登録料と合わせて補助する場合又は全ての雇用者が技能者登録を完了している場合に限る。
※ 技能者登録料及びレベル判定手数料は、技能者本人に負担させていない場合に限る。
CCUS等登録手続支援事業建設事業主団体が、中小構成員等(注1)を対象に事業者登録、技能者登録、レベル判定、見える化評価の申請手続等(手続きに関する相談・援助を含む。)を支援する次のa又はbの事業

a団体職員又は事業を専属的に行うために雇い入れたアルバイト等を活用して実施する事業
b外部機関(行政書士等)に委託して実施する事業
就業履歴蓄積促進事業建設事業主団体が、中小構成員等(注1)におけるカードリーダーなどの各種機器やアプリなどのソフトウェア等の導入を促進する次のa又はbの事業

a各種機器等を購入、リース又は契約により調達し、中小構成員等に対し、無償で貸出・提供する事業
b中小構成員等が各種機器等を購入、リース又は契約した際の費用負担に対し、全部又は一部を補助する事業